スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「CO2地球温暖化説詐欺」のしっぽ:アル・ゴアの陰謀? 転載です




「CO2地球温暖化説詐欺」のしっぽ:アル・ゴアの陰謀?
みなさん、こんにちは。

しばらく昔、私の以前のブログ(Kikidblog)に紹介したジョークにこんなものがあった。

-----
笑いは百薬之長。以下はジョークです。

最近、私はジャネット・ロー著『ビル・ゲイツ』(ダイヤモンド社、1999年)という本を読んだが、この本は非常に面白い。それは世紀の大富豪、アメリカの伝説的巨人となったビル・ゲイツ氏に関するたくさんのジョークネタが含まれているからである。

たとえば、インターネットに流れたというジョークにはこんなものがあるという。(263ページ)

ビル・クリントン米大統領とアル・ゴア副大統領とビル・ゲイツが同じ飛行機に偶然乗り合わせた。 しかし運悪く飛行機は墜落。全員死んだ。3人は揃って天国に行き、神の偉大な白い椅子の前に出た。神は3人を見下ろし、最初にゴアに話しかけた。
神:『アル、君には何がわかるかね?』
ゴア:『もしこれ以上フロンガスが増えれば、地球温暖化で人間はみな死んでしまいます。』
神:(微笑んで)『私の左に座りなさい。』
次に神はクリントンに話しかけた。
神:『ビル、君には何がわかるかね?』
クリントン:『国民の痛みを感じます。』
神:(微笑んで)『私の右に座りなさい。』
次に神はビル・ゲイツに話しかけた。
神:『ビル、君には何がわかるかね?』
ゲイツ:(微笑んで)『あなたが私の椅子に座っているってこと。』
-----

この「地球温暖化問題」に関して、さまざまなインサイダー情報提供者から得た情報を基に、まっこうから反対する立場の意見を書いたのが、デービッド・アイクであった。
地球温暖化詐欺… ゴアの手の者が続々ホワイトハウス入りしている。
(2008年12月21日号)

アイクはこう書いていた。
『もとゴールドマン・サックスの重役をしていたデーヴィッド・ブラッドと共同で、二〇〇四年にロンドンで会社を作ったのであったが、この会社は、『ザ・シティ』辺りでは、『ブラッド・アンド・ゴア』の名で通っていた。正式には、ジェネラル・インヴェストメント・マネッジメント(GIM)と称するこの会社の狙いは、一に掛って、カーボンオフセットや、排出量取引を利用して儲かる金融方法を色々と開発して利益を挙げようという所にあるのであるが、このカーボンオフセットとか排出量取引とかいう制度も、ゴアが言いふらした地球温暖化の神話が拡がったことで出来上ったものである。この商売でゴアは、今までのところだけでも、何千億ドル(何十兆円)という金を儲けていることは、以下にインターネット上で或るライターが述べている通りである。


「そういうわけで、アル・ゴアにとっては、必要なカーボンオフセットを余所(よそ)から買い入れる必要などはない。その上さらに具合の良いことに、カーボンオフセットの買い入れ資金は他で工面しなくとも、自ら長年関っているオクシデンタル・ペトロリウム社から入る報酬や配当で賄えるのである。こんなわけだから、カーボン・ニュートラルといっても朝飯前のことであることをお分り頂けたことと思う。なにしろ、ビッグオイル(巨大石油企業)に(ゴジラの巨体もかすんでしまう程)出資してバンバンCO2を吐き出したところで、環境に優しい企業の株を売買する環境に優しい投資会社を作って置いて、ビッグオイルから上がる巨大配当金の極く一部を使ってカーボンオフセットを買い入れれば、買い入れ相当の投資会社といっても自分のものだし、カーボンオフセットには税金も掛からないと来ているのだから。こうやって置けば、ゴジラの足跡ほどもあるカーボンプリントを残してがっぽりもうけながら、地球も救えるという寸法である。ゴジラのフットプリントといえば、先述した『不都合な真実』という映画の出だしのところで、ゴジラの足に踏まれて掘れた窪みの中の小指の部分の傍で皆んながぼんやり立ち尽して、地面にあいたこの妙な穴は何だろうと首を傾(かし)げている場面が出てくるが、こうした足跡のことをカーボンフットプリントと言っている。」』
[ザ・シティ:イギリスはロンドンの「ザ・シティ」と呼ばれる一角に本拠を置き、世界経済を支配している金融寡頭権力本部]
[カーボンオフセット:国や企業が、自分たちの排出する温室効果ガスを与えられた許容量にまで削減できなくても、植林したり温暖化対策事業に投資したりすることによって、その不足した排出枠を埋め合わせることができることになっており、この埋め合わせのこと、代替手段による補填のこと]
[排出量取引:排出枠が不足する企業などは、排出枠が余っている企業などからその余った排出枠を買い取って自社の排出枠の不足分に充てることができることになっており、この排出枠の売買をすること]
[カーボン・ニュートラル:許容量を超えたCO2の排出量を何らかのCO2吸収措置で相殺して差し引きゼロにしなければならないこと]
[カーボンプリント:企業や個人や国家のCO2排出量を足形の面積~容積の大きさで表示したもの]

ここにも、悪名高い「ゴールドマン・サックス」が出てきているが、ゴアはすでに何十兆円も一人で儲けたというのである。ほんとアル・ゴアのノーベル賞を剥奪すべきである。ノーベル賞の信用を大きく失墜させた一人であろう。

このアル・ゴアの「地球温暖化詐欺」、そして最近では、アル・ゴアに乗せられて、我々の日常の空気使用や呼吸(もちろん、酸素を吸い二酸化炭素を出す)にまで、「税金」をつけて、EUを筆頭にした「世界統一政府」樹立のための「租税制度」を構築中である(最近では、黒マグロを象徴に普通の漁業にまで「税金」を付けようとしているが)。

まあ、要するに一言で言えば、ビルダーバーグに代表される、レプティリアン人種は、「この地球は自分たちの所有物だ」と勝手に思い込んでいるということである。それゆえ、「気に入らない行為には全部税金を付けて自分たちに金払え」ということなのである。

海で魚とるには世界政府に税金を払え、呼吸して生きたいのなら空気呼吸税を払え、企業活動したかったら炭素税を払え、子供を残したかったら子供税を払え。とまあ、そういう感覚である。何様のつもりかしらないが、残念ながら今現時点で世界の主流にいる人々(オリンピアンズ、300人委員会、Tレックス、イルミナティーなどいろんな呼び名があるが)は、そうお考えのようだ。連中の「金(かね)」への執着は信じがたいものがある。いくら猶太人には金しか頼るものがなかったとはいえ、ここまでやればやり過ぎだろう。いつか天罰を食らうはずである。

ところが、つい最近、デービッド・アイクの主張を証明するような、”驚くべき事件”が起こっているらしい。以下のものである。


[急]地球温暖化データにねつ造疑惑(09/11/26))
過去1000年の気温変動の虚実(09/11/27)
過去1000年の気温変動の虚実(09/11/27)2

これは、簡単に言えば、次のようなものである。あるハッカーがインサイダー情報がキープされている気候研究ユニット(CRU)のコンピューターに侵入し、中にあったインサイダー情報をだれでもアクセスできる匿名サーバーに置き、その存在をメールで世界中に知らせた。それで、地球温暖化詐欺が周知の事実となったというものである。

一応、地球温暖化説ねつ造データ(IPCC発表)


と普通の科学者のデータ


の両方を比較のために載せておこう。今や”ノーベル賞を受賞”という国際的権威や組織がデータねつ造を白昼堂々と行っているから非常にたちが悪い。これでは、「小さなうそはばれるが、うそは大きいほど民衆は信じる」といったヒットラーとどこも違わない。

まあ、いずれにせよ、HAARPで電離層や地下深部を加熱したり、その昔の枯れ葉剤散布そのもののように、エアロゾル満載のケミトレイルを空中散歩して大雨や大洪水にしたり、とあの手この手で地球温暖化を演出してきているということだろう。そして、ついでに毒やインフルエンザなどをまぜて「大量殺戮」まで行う。

太平洋戦争の時は、ジャップをやっつけるという大義名分のために絨毯爆撃や原爆投下し、ベトナム戦争の時は、ベトコンをやっつけるためという大義名分のためにダイオキシン入り枯れ葉剤をまき散らし、911の時にはアフガンのアルカイーダをやっつけるためという大義名分のために無差別爆撃やハイテク戦争を起こし、そして今やそれが乗じて、地球温暖化と戦うためという大義名分のために、世界中にケムトレイルをまき散らすという時代になったというわけである。手口からしてこれチェイニーとラムズフェルドのやり方である。



いつになれば、日本の科学者や政治家や官僚もこういう事実に気がつくのでしょうナア。ほんといい時代になったものである。

ところで、では地球温暖化がもしあるとすれば何が真の原因だろうか、という点で、一番有力なものは、「CO2の増大」ではなく、「太陽活動の増大である」というものがある。この一番の証拠は、温暖化は地球のみならず、内惑星の水星金星、そして外惑星の火星木星土星など太陽系のすべての惑星が同時に温暖化してきているというものだ。これは多くの科学的事実が証拠として出されている。

そこである外国人記者が、今一番の若いロスチャイルド家のプリンス、デービッド・ロスチャイルド

にこう聞いた、
「デービッド、地球温暖化の原因には太陽活動の増大という説があり、地球よりずっと遠い木星や土星も温暖化しているというが、どう思う?」
すると、ロスチャイルドはこう答えたという。
「木星や土星は地球より太陽に近いんじゃないの?」

いやはや、世も末ですナ。
スポンサーサイト

不妊とパンパースを結びつける二つの研究が行われてきた  転載です



不妊とパンパースを結びつける二つの研究が行われてきた


不妊に関係しているかもしれないプロクター&ギャンブルによって導入されたもうひとつの製品は、パンパース・ブランドの使い捨ておむつである。1961年に、P&Gは最初の使い捨ておむつを市場に導入した。




不妊とパンパースを結びつける二つの研究が行われてきた。

グリーンピースに資金提供された一つの研究は、パンパース中に高レベルのホルモン性汚染物トリブチルスズオキサイド(TBT: tributyltin oxide)を発見した。



水中のTBT濃度を測定したい科学者たちは、彼らが見つける間性カタツムリの数を調べてそうする。

ドイツの科学者たちは、パンパース着用乳児の陰嚢の温度上昇から判断して、過去25年間の男性不妊の急激な上昇に対する説明を発見したかもしれないと信じている。

米ABCニュースの記事は記載している:

「研究者たちは、48名の赤ん坊たちにプラスチック製のパンパースと綿のおむつを着用させて 、 次の24時間陰嚢の温度を比較した。彼らは、プラスチック製のおむつを着用していた赤ん坊たちに摂氏1度の温度上昇を発見した。」

企業の株主たちは取締役会のメンバーを任命するので、我々がP&Gの取締役に人口抑制と関連したアメリカのエリートの多くのメンバーを見いだしても驚くにはあたらない。 ディック・チェイニーは、その取締役を一九九三年から二〇〇〇年までの間務めた。




ディック・チェイニーと同様に、現在の取締役会メンバー、ケネス・シェノウルト[Kenneth Chenault]は、外交問題評議会のメンバーである。









続く


元記事は

Is Procter and Gamble funding a mass sterilization campaign? Part 2  by David Rothscum Saturday, June 6, 2009
http://davidrothscum.blogspot.com/2009/06/is-procter-and-gamble-funding-mass.html から和訳2回目

by oninomae | 2009-11-27 23:16 | Trackback | Comments(0)

HAARPに地震波か? 転載です

09/11/27




HAARPに地震波か?
みなさん、こんにちは。

久々にHAARPに非常に大きな「地震電波」らしきものが検出されている。今日のものは振幅が非常に大きくない。このところ非常に長時間に渡って揺らいでいる変動であったが、その後に今度はこの巨大な地震電波である。要注意が必要だろう。

Fluxgate Magnetometer
青の垂直成分が大きく、赤黒の水平成分が小さいのが、地震電波の特徴。今回のものは、かなり大きな振幅で揺れている。


Induction Magnetometer
一番下の周波数ゼロに近くにある「白く明るい」部分が地震電波の特徴。まあ、ピンク色に近い部分。


HAARP VHF Riometer
下の赤い部分がVHF波における電離層の揺らぎ(擾乱)の程度を示す。今回のものは、中央下の赤い部分に非常に強い電離層の擾乱があったことを示している。


はたしてこの地震電波はどこに来る地震のものだろうか? だいたい地震電波出現から56時間後から1、2週間後に間に地震が起こるようである。いつかどこに来るか分かるようにしたいものだ。
by Kikidoblog | 2009-11-27 11:33 | HAARP | Trackback | Comments(0)

プロクター&ギャンブルは大量不妊化キャンペーンに資金提供してきた? パート2

09/11/26



プロクター&ギャンブルは大量不妊化キャンペーンに資金提供してきた? パート2
by David Rothscum Saturday, June 6, 2009



http://davidrothscum.blogspot.com/2009/06/is-procter-and-gamble-funding-mass.html

プロクター&ギャンブルの破傷風に対する建前上の慈善キャンペーンについての本報告の第一部で、我々は、この会社を所有する一族、強制的不妊化と優生学への彼らの関与、そしてどのように破傷風ワクチンが新生児破傷風に対して彼らの幼児たちを守るという見せかけの下に女性たちを不妊化するのに使われるのかを示す証拠について見てきた。

パート2では、 P&G、その関与した人々と、この新しいキャンペーンと同じ目的に役立ってきたように思われる様々な活動についてより深く見て行きたい。

1955年、P&Gは、フッ化ナトリウムを含む歯磨き粉の最初のブランドを市場にもたらした。それは「クレスト」と呼ばれるものであった。





これは、アルミニウム産業が虫歯を防ぐために(として)水のフッ素化を提唱し始めたのと同時期のことであった。

彼らはフッ化ナトリウムという用語を用いないように助言を与えた。なぜなら人々は、フッ化ナトリウムを猫いらずとして知っていたからである。






フッ化物が脳の損傷を引き起こすということは、今どき、大半の人々によって知られているはずであるが、 フッ化物の摂取が不妊化にもまた関連しているという事実はそれほど頻繁に耳にしない。

Fluoridealert.orgは、人々が日常的にさらされるレベルのフッ化物が不妊化を引き起こすに十分であるということを証明する大量の研究について掲載してきた。

例えば、一つの調査研究は述べている:

「骨格フッ素症患者、そしてその患者たちと同じ水を飲んでいる臨床症状はない男性たちにおける、非フッ素風土病地域の健常男性のそれらと比べて低下したテストステロン濃度は、フッ素の毒性はフッ素風土病地域に住んでいる男性たちの生殖器官に不都合な影響を引き起こし得ることを示唆している。」

別の研究では、水中のフッ化物のレベルがより高い地方でのより低い出生率を示した:

「フッ化物の毒性についての一つのレビューは、研究したほとんどの動物種での低下した生殖能を示した。本研究は、フッ化物が人間の出生率にも影響を与えるかどうかを確認するためのものであった。飲用水道の米国のデータベースを、フッ化物のレベルが少なくとも3 ppmであると報告している水道を有する指標地域を同定するために使った。これらと隣接する地域は、九つの州にまたがる30地域にグループ分けされた・・・ ほとんどの地域は、フッ化物レベルの上昇と共に低下する全出生率[TFR:Total Fertility Rate]という相関性を示した。 地域特異的結果のメタ分析は、その総合的結果は、分析シナリオに応じて、総合的p値.0002-.0004の一致を持って、全出生率/フッ化物の負の相関を示した。(訳注:p値.0004とは、その相関が偶然に生ずる確率。%で言えば0.04%)この結果が選択バイアス、不正確なデータ、あるいは不適切な分析手法から生じたという証拠はない。」


フッ化物は女性にも同様に不妊化を引き起こす。この理由の一つは、フッ化物が松果体を損傷することによって、思春期のより早い開始を引き起こし、思春期の早期化は中年期の不妊化と関連してきたからである。 もう1つの理由は、フッ化物への暴露は自然流産のより高いリスクと関係しているからである。


動物での研究が、この繁殖力減少の理由を説明するために行われてきた:

本研究は、飲料水を介したフッ化ナトリウム[4.5-9 ppm]摂取後の雄ラットに対する、生殖毒性を測定することを目的とした。 この研究で選ばれた暴露経路は、ヒトの暴露を模倣し、慢性的摂取の後の生殖能への影響を反映させるため経口摂取とした。 (...)

精子数の減少の他、精子の運動性、精子生存率、そして低張膨潤[HOS:hypoosmotic swelling]精子のコイル化%が、フッ化ナトリウムに暴露されたラットで悪影響を受けた。


4.5から9 ppmとは、P&Gによって導入された最初のブランドを含めて、今日のほとんどの歯磨き粉に見いだされる1000 ppmのほんの一部である。


フッ化物暴露が癌と関連していると示した研究の後、プロクター&ギャンブルはこの関連を反証しようとする研究に資金を提供した。 しかしながら、情報の自由法のおかげで、彼ら自身の研究が癌との関連を見いだしたことが明らかになった。

続く


元記事は

Is Procter and Gamble funding a mass sterilization campaign? Part 2  by David Rothscum Saturday, June 6, 2009
http://davidrothscum.blogspot.com/2009/06/is-procter-and-gamble-funding-mass.html









参照

フッ素イオンによる攻撃も続いている
http://satehate.exblog.jp/7030134/




フッ化物は人間の意志を奪いロボット化する by ユースタス・マリンズ
http://satehate.exblog.jp/10331589




オーストラリアはクィーンズランド州でも今月(2008年12月)から水道水にフッ素を入れられました by 千早
http://satehate.exblog.jp/10329615






アメリカのマインドコントロール・テクノロジー進化の道筋
http://satehate.exblog.jp/7676047

とうとうアル・ゴアさんが地球温暖化/co2説には科学的根拠はないと認めた。 転載です




とうとうアル・ゴアさんが地球温暖化/co2説には科学的根拠はないと認めた。

世界の闇 / 2009年11月26日

   10日ほど前、アメリカのTV人気番組『ラリー・キング ライブ』に出演したアル・ゴアは、ついに、彼が主張し、ノーベル賞まで受賞した”温暖化-人工CO2説”には、『科学的根拠がない』ということを、とうとう認めました。そのときに、彼は、逃げ口上として『これはもう”信念”です。』とわけのわからないことを言った、と翌日、ラジオなどで話題になったそうです。

たぶん ユーチューブを検索すると出ているでしょう。

元記事は→コチラ

世界中がだまされたとおなじです。迎合したマスコミの罪は重いですね。白くまさんたちまで刈り出してco2が地球温暖化の元凶と騒ぎ立てました。その結果原発がまるで電力供給の救世主のようになり、250基も新設される。アル・ゴアさんは自ら原子力関連の会社を持っていますから、ずいぶん稼いだことでしょう。

今 日本でなにが起きているか......被爆作業者が非常に増えています。実態は明らかにされていませんが死亡者も増えています。原発の寿命はそう長くない。廃棄処理に多額のお金がかかります。なぜ原発なのかといえば、そこには大きな利権がからんでいるようです。この問題はとても根が深く、わたしたちの生活の安全と密接な関係があります。なぜといってそのうちのいくつかは活断層の上にあるのです。 泊原→コチラ
浜岡原発と東海地震は→コチラ 島根もそうです。

もっと怖い六ヶ所村再処理施設の直下は活断層は→コチラ

......また、海の汚染も心配です。6号線の旅についてまだすべてを書いておりませんが、原発が海岸線に並んでいます。

原発は電力のコントロールができませんから 昼だけでなく夜も使わなくてもいい電力をつかいます。このごろ昔のように 夜空の星が見えません。これは星だけの問題ではなく 木々にも重大な影響....光ストレスを与えます。するとクロロフィル代謝に問題が起こる?......一斉に樹木の枯死がはじまるという説があります。木々は黙っていますが大きな環境の悪化....空気や土に...耐えています。人類の文明は森からはじまりました。人類はその恩を忘れ 日々森林を破壊するだけでなく........
酸素をだしてくれる木々が枯死したら.....人類はどうなると思いますか? 
プロフィール

Author:X1turbo
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

過去ログ倉庫:黄金の金玉を知らないか?
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。